空撮協力(水上)

空撮協力(水上)

人口集中地区(都市部)でのドローン撮影でお困りの方も少なくありません。そこで、日本シティサップ協会では、もしものトラブルでも安全な水域を利活用した空撮事業を始めました。安定感抜群の丸形シティサップボートを使い、水上からのドローン業務をサポートします。まずはお気軽にご相談ください!

* 人口集中地区でのドローン飛行には、許認可が必要となります

水上からドローンを離陸

お問い合わせ

特徴

  • 水上からの空撮なので、都市部においてもより安全に撮影することが可能です。
  • 移動しながら撮影することも可能なため、より広域な撮影をスピーディーに行うことができます。
  • シティサップボートは折りたたみ式です。船舶では着岸できない狭隘な場所からでもエントリー&エキジット可能です。全国各地への出張サービスも承ります。
ドローン着陸体制
ドローン着陸
ボート上からドローンを操縦
ファントムをボートの上でキャッチ
水上ドローン
ドローン撮影フィールド
料金 お問い合わせください
料金に含まれるもの シティサップボート、操船、ライフジャケット
その他 ●国土交通省航空局の許可、その他必要な許可を取得していることが最低条件となります。●河川事務所や警察署などへの手続きをお手伝いすることも可能です(無料)。●撮影請負も行なっております。
お問合せ お気軽にお問い合わせフォームよりご相談ください。
<シティサップボートとは>
日本の法律や水上航行ルールを考慮し、関係各所の協力のもと企画開発したシティサップボート。まちなかを流れる都市河川や運河、池、湖、ダム、そして穏やかな湾内などが主なフィールドで、安全を第一にデザインしています。

お問い合わせ